ED治療薬”シアリス”とは

ED治療薬”シアリス”とは

バイアグラというED治療薬の柱があり、それに続きレビトラという新たなED治療薬の開発。進化していくED治療薬でシアリスはいったいどういったED治療薬なんでしょうか。見てみましょう。

シアリスの注目すべきは持続時間

「シアリス」は、バイアグラやレビトラに引き続いて、2007年から日本で販売されているED治療薬です。その有効性分は「タダラフィル」という成分であり、バイアグラともレビトラとも違う成分となっています。錠剤の種類には一般には、10mg錠と20mg錠が販売されており、店舗によっては5mg錠を置いてあるところもあります。

そんなシアリスの一番の特徴と言えば、持続時間が長いことです。バイアグラが約5時間、レビトラは10mg錠で約5時間、20mg錠で約10時間ほどの持続時間なのに対し、シアリスの持続時間は10mg錠では20時間から24時間、20mg錠では30時間から36時間となっています。

服用のタイミングは、性行為の3時間前くらいが良いとされていますが、これだけの長時間効果が持続するなら、多少早めに飲んでおいても何ら問題はないでしょう。その他、シアリスの良いところは副作用が出にくいところと、食事の影響を受けにくいところです。

出る可能性のある副作用には、「頭痛」や「ほてり」、「鼻づまり」や「筋肉痛」などがありますが、バイアグラやレビトラの副作用が9割の方に現れるのに対し、シアリスの副作用は3割の方に現れるのみにとどまっています。また、副作用が出ても、さほど重くないという方が多いようです。

食事の影響を受けにくいシアリスですが、その力を充分に発揮させるには、空腹時に服用するか食後2時間くらい経って、ある程度胃の中のものが消化した後がおすすめです。また、アルコールも適量で抑えましょう。その他、シアリスを通販で購入する方も多いかと思いますが、血圧や心筋梗塞の既往歴などによっては、服用をひかえた方が良い場合もあります。きちんとクリニックで医師から処方してもらいましょう。

<ED治療をする予定の方はこちらも参考に>
ED治療に全国の病院情報